人生チラシの裏 コミスタ4.0EX
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
コミスタ4.0EX
2008.11.23 (Sun)
日記10
を導入してみました。167夜パロネタで練習台。


←を・・・昨日一日かけて色々いじってたのですが(冬原稿に間に合わせるためとりあえず最低限慣れる)取り入れたい機能としては

・豊富なトーン
・パース定規
・3DLT
・効果線
作業的な意味で・・・
・枠引き

とかでしょうか。。ペンツールはどうしても限界があるというか、ペン入れだけはアナログじゃないと無理なので(目も疲れるし・・・)、ペン入れだけアナログでやる方向で持って行きたいと思います。

しかし背景の下書きとかコマ割とか変更が容易なほうがいいので、下書きまではデジタルでやりたい!という結論。

今のところの作業手順は

ネームを考える(アナログ)

コマを割って大まかなラフ(コミスタ)
で、この時点(画像の状態)で印刷して一回紙原稿に落とします。

トレースしつつ下書き(アナログ)

ペン入れ(アナログ)

線画取り込み、ゴミ取り、2値化(フォトショ)

レイヤーとしてフォトショから線画読み込みして、ベタとかトーンとか作業。

という感じになりました。フォトショで作業するのもメリットが沢山あるのですが(主にトーンワークに関する自由度)柄トーンやカケアミ、ふきだしやテキスト、ページ管理とかは多少作業が煩雑になってしまいます。その辺がマンガに特化したカタチでパッケージされているので、慣れてしまえば楽かもしれません。。。(とくにノンブル管理は今までてこずってただけに便利だ!)

ただ、フォトショでの原稿作成(完成稿まで)に慣れてしまっている人の場合、Debutを導入する意味はあんまないかも・・・。どうせ導入するならProかEXを導入しないと、特に作業的な変化はないかと。


←は逆に、フォトショでの原稿作成に四苦八苦してる人にはうってつけですね。解像度とかトンボとかモードとか分かりやすく整理されてるので、その辺の知識がない人でも、それなりに綺麗な(印刷的な意味で)原稿が作れると思います。フォトショでの原稿作成って仕上がりに経験がものを言いますからね・・・(笑)

画像処理ソフト持ってなくてどーしてもデジタルで原稿作りたいなーと思ってる人はとりあえずDebut入れれば大体何とかなるんじゃないでしょうか。カラー原稿も作れるはずだし。1万ちょいなのでフォトショ買うより断然お安い(笑)

【More・・・】

記事編集13:09 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。