人生チラシの裏 Photoshopでレンダリングしてみる。
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
Photoshopでレンダリングしてみる。
2009.11.06 (Fri)
日記14
ご存知の方も多いと思いますが、PhotoshopCS3 Extended以降のバージョンから3Dレイヤーを扱うことが出来るようになっています。CS3のEXは使ったことがないので、光源の追加、編集とか、描画の設定が何処まで出来るのかわかんないのですが。。

とりあえず面白いのは、CS3EX以降、プラグインをぶっこむとGoogleSketchUpを通して.kmz(Google 3D ギャラリーファイル)が扱えること。

テクスチャとか色の情報とかも保持されてるので、作画の補助(という名の手抜き)にもなるのではないでしょうかー。興味のある方は軽くこちらなど参照あれ。
【Photoshop CS3の無料Google 3Dプラグイン】

ちなみに、上の日本刀はソリッドで原寸、レンダリングは9分くらいでした。滑らかに描き出したい場合は間違えてもすぐにラスタライズなさりませぬように。めんどうでも一回レンダリングしてあげてね。

すごくガタガタになるよ。

さて、ここからは本格的?にマシンパワーに物を言わせる話。

3Dギャラリーからカッコよさげな家具など拝借しまくり、SketchUp上で配置、kmzで書き出して(このときバージョンは4で)背景を作って楽チンな上に整合性のある原稿づくり!と考える人は私だけではないはず。

ちなみに、私のPhenom9750、メモリ3.75GBだと、350dpiカラーで20時間くらいかかります。もちろん、モノによると思いますが。自分で作画するか、放置して合成を取るかどっちかですよね。。

あと、kmzを読み込むときになぜか透明になってしまう場合はこれを参照してください。
【読み込まれた 3D モデルが正しく表示されない(Photoshop CS4 Extended)】
でもたまーにこれでもうまく行かないときがあります。なんでだろ。。

レンダラといえばBlenderとかShadeとかMayaとか結構操作感独特というか、慣れないとどうしても使えないのが多いので、それなりに、でもいいので、どこまでいけるのかフォトショでのレンダリングで頑張ってみようとおもいます。

日記14

まとめてぶち込んで30分くらいのレンダリングでこんな感じです。まぁまぁ?
記事編集19:02 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。