人生チラシの裏 デジコミ・フォトショ関係
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:-- |  スポンサー広告 | 
コミスタ4.0EX
2008.11.23 (Sun)
日記10
を導入してみました。167夜パロネタで練習台。


←を・・・昨日一日かけて色々いじってたのですが(冬原稿に間に合わせるためとりあえず最低限慣れる)取り入れたい機能としては

・豊富なトーン
・パース定規
・3DLT
・効果線
作業的な意味で・・・
・枠引き

とかでしょうか。。ペンツールはどうしても限界があるというか、ペン入れだけはアナログじゃないと無理なので(目も疲れるし・・・)、ペン入れだけアナログでやる方向で持って行きたいと思います。

しかし背景の下書きとかコマ割とか変更が容易なほうがいいので、下書きまではデジタルでやりたい!という結論。

今のところの作業手順は

ネームを考える(アナログ)

コマを割って大まかなラフ(コミスタ)
で、この時点(画像の状態)で印刷して一回紙原稿に落とします。

トレースしつつ下書き(アナログ)

ペン入れ(アナログ)

線画取り込み、ゴミ取り、2値化(フォトショ)

レイヤーとしてフォトショから線画読み込みして、ベタとかトーンとか作業。

という感じになりました。フォトショで作業するのもメリットが沢山あるのですが(主にトーンワークに関する自由度)柄トーンやカケアミ、ふきだしやテキスト、ページ管理とかは多少作業が煩雑になってしまいます。その辺がマンガに特化したカタチでパッケージされているので、慣れてしまえば楽かもしれません。。。(とくにノンブル管理は今までてこずってただけに便利だ!)

ただ、フォトショでの原稿作成(完成稿まで)に慣れてしまっている人の場合、Debutを導入する意味はあんまないかも・・・。どうせ導入するならProかEXを導入しないと、特に作業的な変化はないかと。


←は逆に、フォトショでの原稿作成に四苦八苦してる人にはうってつけですね。解像度とかトンボとかモードとか分かりやすく整理されてるので、その辺の知識がない人でも、それなりに綺麗な(印刷的な意味で)原稿が作れると思います。フォトショでの原稿作成って仕上がりに経験がものを言いますからね・・・(笑)

画像処理ソフト持ってなくてどーしてもデジタルで原稿作りたいなーと思ってる人はとりあえずDebut入れれば大体何とかなるんじゃないでしょうか。カラー原稿も作れるはずだし。1万ちょいなのでフォトショ買うより断然お安い(笑)

【Read more・・・】

記事編集13:09 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【デジコミ素材】点描バラ
2008.04.07 (Mon)
ばら←これは見本。

ちょっと前に作っておいたものなのですが、スパコミ前過ぎるといつ公開できるかわからんので、今のうちに公開。

それなりにディテール凝ってみたのですがどうでしょう。。

一応実写からパス起こしてディザ合成してます。

グレースケール:600dpi用。

28_Face_20080407224022.jpg
↑とか↓とか、あともう一種類入ってる単品3種類+上記の見本(原寸)のセットで圧縮してます。tif形式。
Revolver_20080407224029.jpg
download-【点描バラセット】
※tiff形式。フォトショとかで開いて、原稿に貼り込んでください。
※グレースケール600dpi用。すでにディザ化してますが、変形とかした場合はもう一度モノクロディザ化してください。
※外部サーバーです。リンクページの「Download rose.lzh」をクリック。適当に解凍してください。
※素材としての2次配布以外ならお好きにお使いください。

その他何かご質問などありましたらどぞ。
記事編集22:55 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【デジコミ素材】微妙にテクスチャが入ってるベタブラシ。
2008.01.25 (Fri)
テクスチャディザ見本←これは見本。

微妙にテクスチャが入ってるディザベタです。ぐりぐりっとやってください。

日記8←黒と白で適当にグリグリやった図。感覚的には砂トーンがもっとモヤモヤした感じを出したくて作りました。一応布っぽいテクスチャを入れてるんですが、結構細かいです。

download-【ディザベタブラシ(ブラシファイル版)】
※フォトショップブラシです。7.0で作成。そのままぐりぐり塗ってください。
※外部サーバーです。リンクページの「Download dhizabeta.lzh」をクリック。適当に解凍してください。

download-【ディザベタブラシの素】
※png形式
※右クリック→保存
※素材としての2次配布以外ならなんでもおkです。お好きにお使いください。

最終的にモノクロディザに変換してください。一応印刷用600dpi用の素材。何かご質問などありましたらお気軽にどうぞ。
記事編集00:08 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
水彩リベンジ。
2007.11.18 (Sun)
昨日のアレがあんまり悔しかったもんだから、前に描いてた下書きをひっぱりだして塗ってみた。

PainterⅨです。

下絵を取り込むときも線画としてというよりも下書きの鉛筆線なので、白地を出すだけでほとんど灰色のまま。

この前作ったぼかしブラシを使いたかったので、下地塗って大雑把に色を乗せる→ひたすらぼかす(にじませる)っていうアナログんときと同じやり方で塗りました。

使ったブラシは
・エアブラシ(Soft Airbrush):下地、水べちゃべちゃの平筆として使用。広範囲用。
・エアブラシ(カスタム):垂らし込みを再現するために作ったぼかしブラシ。
・デジタルウォーターカラー(Coase Mop Brush):エアブラシよりも濃い色乗せるときに使用。
・パステル(Topered Pastel):仕上げにハイライトとか。
です。カスタム以外は全部デフォルト。ほぼSoft AirbrushとCoase Mop Brushで塗ってにじませてるだけです。塗ってる感覚はアナログんときと同じで大丈夫だったので吃驚した(笑)

名称未設定-2←ペインターで塗り終わったときの図。また保存で失敗したら凹むからスクリーンショット撮ってみた。

今度はちゃんとレイヤー統合してからフォトショに持って行きました。ってもほとんどいじってないのでフォトショでは何もしてません。Painterで塗りながら気に食わなくなって下地の色をほとんど消してしまったので(アナログでこれは出来ないけどね・・・)SAIに持っていってテクスチャ+下地塗りなおし。

そんでリサイズして保存。

なんかもう半年たってやっと使い方分かった感じです・・・orz

【Read more・・・】

記事編集17:15 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
【デジコミ素材】薄いカケアミブラシ(カケグラ用)
2007.11.17 (Sat)
名称未設定-2←使用例。

600dpi用です。前にアップしたカケアミブラシより、もう少し薄く小さいです(そして手描きっぽい?)。1カケの状態でブラシになってるので何度も塗り重ねることによってグラデーションを作れます。(このサンプルを撮った後にしたんですが、端っこの方を削るとよりナチュラルに)

むしろカケアミグラデ(小さめ)を作るために作ったブラシなので、細かいカケグラを作るのに使っていただけばと思います。

パラメータまで含めてなんぼのブラシなので、今回はブラシファイルでアップします。。(間隔と角度のジッター、真円率いじってます)フォトショであればそのままぐりぐり塗っておk。

download-【1カケブラシ】
※外部サーバーです。Download 1-kakebrush.lzhをクリック。適当に解凍してください。
※Photoshop7.0で作成。
※再配布以外ならお好きにお使いください。
※600dpi用。最終的にディザモノクロに変換してください。

Phosohopのブラシプリセットから呼び出しか、Photoshopがインストールされてるフォルダの「プリセット」か何かの中にぶっこむと最初からプルダウンに入ったりします。

結構小さめのブラシですが、300pxあたりまでだったら耐えられるかと思います。

一応PNGファイルも置いておきますがこれ自体は普通に誰でも作れるディテールなのであまり意味はないかと思います(笑)透過PNG。

download-【1カケブラシ(PNG)】
※右クリ保存でどぞ。
※間隔50%、角度のジッター50%、真円率70%あたりがいいかと思います。

なんか素材に関するご質問等あればお気軽にどうぞ。
記事編集15:44 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
CPUしばきまくり。
2007.11.17 (Sat)
Apophysisというソフトを使ってみました。フラクタルというかもう素材としてテクスチャに使っちゃえみたいなのりで。スクリプトというかアルゴリズムが全く理解できないので、コントロールができません。100%偶然任せ。

Apophysis-071116-415.jpg←みたいなのが出来上がるのですが、レンダリングに激しく時間を費やすためCPUしばきまくり。夏には出来ない諸行。もう少しアルゴリズムを理解して、100%とはいかないまでも、効果が分かってれば無駄が省けるのですが。。

ちょっとバッチの設定をいじりすぎて大変な事になってしまった。。。レンダリングがありえんことになっとる。元に戻したいが元の値を忘れた(笑)・・・ま、まぁ適当に・・・。

すてきなスクリプトとか配布されてたりするんですがバージョンによって認識に違いがあるのか、半々の割合でエラーが返ってきます。しかもエラーの意味は分かるんだけど、だからどうなってるのかが理解できないので書き直しようがない!!(笑)文法プリーズ!定義が間違ってるなら書き直せばいいだけの話・・・だと思うんだけど・・・。

う~~ん。。。

まぁ、どうせフォトショでいじるから大体フレアっぽいのが出てればいいのですが。。。

なんか使えそうだったら使い道とか含めてまとめようと思います。多分どうせテクスチャとしての使い道になると思いますが(笑)

・・・今日は頑張って学校行ってきました。。先々週(先週は行かなかったw)テンションマイナス状態だったので、折角話しかけてくださったのに声楽の先生に申し訳ないことをしたなぁと思ったので、なるべく元気に。もんのすごく疲れる授業なのですが、サウンドスケープ(実践)は今週で終わりなので、とりあえずひと段落。。帰って来てそっこー風呂入って寝てました。。今から原稿がんがるー。あと一息。

今回はネタはあれですが、神田が普通のツンデレです。珍しく普通のツンデレ。

【Read more・・・】

記事編集04:10 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
傾き機能の恐ろしさを知った。
2007.11.15 (Thu)
名称未設定-2水たらしたあとに絵の具載せたような効果がどーしても欲しかったので(垂らし込みみたいな)http://c-m.my-sv.net/illust/cg/rif/water.htmlを参考に頑張った。エアブラシが元になってるので乾燥してないレイヤーには使えなかったりと制約はありますが、白地を残した垂らし込みみたいなのがいい感じに出たので興奮。傾きを盛大に利用する筆なので確かに今までじゃできなかっただろうなぁ。

なんでIntuosに変えた途端Painterの手ごたえ変わったかなーと、昨日リンを描いたあと、ぼんやり考えてたんですよ。細かいストロークとかは筆圧検知が2倍の効果だと思うんですけどね。ようするに描きごこち。

あと、IntuosにあってFavoにないのは傾き機能。普段傾き検知とか関係ないソフトばっかり使ってるので実感がなかったのですが、多分この所為。

アナログで水彩描くときとか、筆の傾き使いますよね。Painterでそれがストロークに反映されてたからかなぁとか。これ頑張ってバリアントいじくれば、もうちょっと面白い効果出せるかも、と思ってわからないなりに辞書引きながら奮闘。

今まであまりの項目の複雑っぷりに(それがペインターのいいところなのですが)デフォで固定だったんですよ(笑)

どーでもいいけど久々にアナログで塗ろうと思って絵の具出したら、なんかクサカベのバーントシェンナが固まってた。。。これ追加で買ったやつだからほとんど使ってなかったのに・・・!!あとカラーインクのイエローがもんのすごい色に変色してた・・・ww

【Read more・・・】

記事編集20:55 |  デジコミ・フォトショ関係 |  トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。